節水に潜む危険性

日々の僅かずつの節水も中長期的に継続すれば、確かな節約に繋がる事は、実践経験の有無に関わらず、多くの方々が認めるところです。ですが安全健康な日常生活を確保しながらとなれば、実践出来る場面は自ずと限られて来ます。調理や食器類の洗浄に際して行えば、時に甚大な健康被害に繋がり兼ねず、入浴や歯磨きなど、衛生面に直結する場面に於いても同様です。

トイレットペーパーこのように消去法で検証を続けてみれば、自ずと浮上するのがトイレの節水です。旧式の和式トイレの場合、小を足しても紐式のレバーを引けば、タンク全体に貯まった水が全て流れ出してしまった時代とは違い、昨今は水量調節機能を備えたトイレタンクが普及しています。汚物をとりあえず流してくれるだけの水量に設定しておけば、単純計算でもトイレに於ける水道使用量を、約半分に節約出来る単純計算が成り立ちます。これは非常に単純明確な経済的メリットであり、実際に多くの方々が実践を続けておられる事でしょう。

ですがこの「不十分な水量」にこそ、トイレの詰まりを招く大きな原因が潜んでいるのです。目視確認可能な場所から排泄物やトイレットペーパーの姿が消えたからと、それを「流れ去った」と解釈するのは非常に危険であり、見えない下水管内で何が生じているのか、そちらへの危機管理が見過ごせません。

 

誤った節約の是正を

節水設定状態節水設定状態でトイレの使用を続けた結果、外部からは目視確認出来ない場所で、何らかの堆積物が発生から、徐々に排水管内を塞ぐように大きさを増してしまう展開が数え切れません。それでも水が流れる隙間が保たれている間は、表面上何の問題も無く使用し続けられますが、限界点は突然訪れます。これこそが節水原因でトイレつまりの発生の瞬間であり、大概の場合便器内の水面が一気に上昇から、場合によっては足下に溢れ出してしまいます。そしてこうした予期せぬ状況に直面した私達は、焦り慌てて何とか逆流する汚水を流してしまおうと、更にトイレタンクのレバーを操作から、更に貯まった水を便器内に届けてしまうのです。こうなればその後の展開に関しては、今更綴るまでもありません。

こうした悪循環の連鎖を招いてしまえば、専門業者への修理依頼が欠かせず、これまでの節水努力分が修理代で相殺されてしまいます。更には修理完了までの間の不自由や、溢れ出た汚水による汚損など、デメリットが遥かに勝ってしまい兼ねません。トイレ使用後は既定の水量を確実に流し、便器内から全てが確実に流れ去った事を、目と耳で確認する習慣をつけておく事で、無意味なトラブルを回避する姿勢が大切です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket